So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

液体プラスチック接着剤 BONDIC(ボンディック)を使ってみました [サンワダイレクト]



サンワダイレクトさんから
「あなたの本気で欲しいモノ教えてください!」と
ミッションメールをいただいたので、時間をかけてじ~っくりショップ内の商品を
見せていただきました。

欲しいものがあれやこれやといっぱいあってかなり迷ったけど、
今回私が選んだのはこれ [バッド(下向き矢印)]


液体プラスチック接着剤 スターターキットBONDIC(ボンディック)[ぴかぴか(新しい)] 


DSC08646.jpg



もっと前からこんな商品があることを知ってたら
捨てずに修理して使えたものも多々あったのに、
惜しいことをしました。  (^^)




       UVライトを当てると瞬時に硬化する液体プラスチック接着剤ボンディック
       歯医者さんが最新治療法からヒントを得て開発されたんだとか。
       修繕後に研磨、穴あけ、塗装などの加工も可能です。



DSC08644.jpg

IMG_20171031_195531.jpg

DSC08645.jpg




接着剤って接着位置を決めかねて、モタモタしてると
くっつける前に接着剤が固くなってしまうことがありますよね。
このボンディックは放置しても固まらないので、落ち着いて作業できます。
余裕をもって接着位置を決めて
接着することができるのが長所の一つです。

放置してもくっつかないのなら、どうやってくっつけるのかと言うと
付属のUVライトを4秒当てるだけで良いんです。




DSC08650.jpg







今回、ボンディックをブログで紹介するため
何か壊れてるものはないかと家の中を探したけど、
そんな時に限って何もないんですよね。
そこで、家に放置されてた100均の透明ケースと
お魚のおもちゃ?で、ちょこっと遊んでみました。



DSC08658.jpg

 おなかがとがってて
 自立ができず、泳ぐこともできない
 この子を泳がせてやることに
 しました。





                                                          クリックで [カメラ] 大きくなります ↓

DSC08665.jpg




魚だけじゃなく、アヒルまで沈んでます。(笑)
水槽(100均のケースだけど)に先に水を張ってから
魚のおなかにボンディックをつけ水中で接着したんだけれど
おなかのとがった青い魚もがっちり接着されました。
すご~い!

水槽の中が寂しいから水草があると良いかも。
生きたメダカが泳いていたら楽しいだろうなぁ。
実際問題、生きものを入れるには水槽が小さすぎるけど。




水槽.gif



こんなものに使えます!

● プラスチック、金属、木材、石、レンガ、セラミックなどの修理、修繕、整形
● 家庭用品の修繕、電気製品の修理(低電流・低電圧)
● プラモデル制作、DIYなどのホビーに
● アクセサリーの修理やパイプの水漏れの修繕に
● プラスチック部品のスペア成形



ボンディック.jpg




ボンディックは色々なものに使用できますが、
残念ながら、使用できないものもあります。こういうの ↓

       ポリエチレン(食品容器等)、ポリプロピレン(CDケース等)
       フッ素樹脂(テフロン)、シリコーンゴム(パッキン等)
       食器のひび割れ、接着面積が小さいもの
       発泡スチロール、アクリル樹脂等

       それとUVの光の届かない場所の接着は苦手です。
       なので、透明じゃない大物の接着には向かない気がします。
       コスト的にもね。




この記事の青文字はクリックすると
サンワダイレクトさんにリンクしているので、
詳細はサンワダイレクトさんちで確認してくださいね。
 

■ 液体プラスチック接着剤
  交換用リフィルカートリッジ BONDIC専用 BD-CRJ 






以上、本日はサンワダイレクトさんの サンバサダーを任命いただいてる
私のお気に入り商品の紹介でした。[るんるん]




nice!(53)  コメント(10) 
共通テーマ:特典・懸賞

【リンレイ】玄関ドア用つやだしワックスでツヤツヤ! [モニプラ]




台風18号が通り過ぎ、今日は爽やかな秋空が広がっています。
みなさまの方、被害はありませんか。何事もなければ、良いのですが。
台風一過。我が家の玄関ドアを見てみると、
飛んできた葉っぱや砂ぼこりがたまっていました。
一概に台風のせいだけとは言えませんがね。

休日ですし、久しぶりに玄関ドアを綺麗にしてみようかと思い立ち
艶がなくなった我が家の玄関ドアの掃除に取りかかることにしました。




      モニプラさんを通じて、株式会社リンレイさんから送ってもらった
     「玄関の汚れを落として、つやを出し、紫外線や雨からドアを守る
      玄関ドア用つやだしワックス 220mL」を使って、お掃除はじめ!!


IMG_20170915_112645.jpg




玄関ドア用つやだしワックス 220mLの使い方>


① 玄関ドアにたまった砂ぼこりなどを、水拭きで取ります。
     最初から乾いた布で拭いてもいいそうですが
     我が家のドアは汚れがひどかったので
     水拭きしました。水拭きのあとの水が乾くまで待ちます。


② ビニール製手袋をして、スプレー缶をよく降ったあと
     乾いた布に薄くスプレーしてドアに塗り広げます

                (誤)今回私は使用方法を先に読まなかったので
                         ドアに直接スプレーしてしまい
                         ツヤツヤ通り越して
                         テッカテカになってしまうと言う失態を。(笑)


③ 別のきれいな乾いた布で拭き上げます。  以上で完了! 簡単でした。






                   (掃除前)                                     (掃除後) [ぴかぴか(新しい)]

      DSC_0779.JPG           DSC_0797.JPG


 DSC_0780.JPG       DSC_0789.JPG




写真はクリックで拡大されます。
拡大すると、違いが分かり易いかな。
ドアに直接スプレーするという私のミスのせいで、
塗りムラができてるのは目をつむって下さいね。(^^; )
次回からは気をつけます。




でも黒光りするようになって、見違えました。自画自賛 ↓
いかがかな~!?



DSC_0792.JPGDSC_0803.JPG
DSC_0794.JPG




(注意)
      白木、うるし等の天然塗料の塗装面、つや消し塗装面
      特殊塗装・油加工されたドアには使用できないそうです。







■ この記事は、モニプラさんのモニター参加記事です。


                                        リンレイファンサイト参加中

                                      玄関ドア用つやだしワックス 220mL

nice!(53)  コメント(14) 
共通テーマ:特典・懸賞

岐阜一泊旅 [旅・おでかけ]




お盆休みに岐阜県へ一泊旅行に行ってきました。
早いものでもう1カ月前の事になるんですね。
お気に入りの写真がないけど、旅の記念の写真を。




 2017.08.12(土)



■ SAで琵琶湖を眺めつつ、朝からお蕎麦です。


DSC05023.jpgDSC05025.jpg




■ 明治村

この旅でお財布ケータイデビューをしました。
ここの入場券もお財布ケータイで支払えましたよ。


DSC05028.jpgDSC05029.jpg
DSC05030.jpgDSC05033.jpgDSC05043.jpg
DSC05040.jpgDSC05045.jpgDSC05049.jpg
DSC05055.jpgDSC05052.jpg
DSC05062.jpgDSC05061.jpgDSC05059.jpg
DSC05063.jpg
DSC05066.jpgDSC05067.jpgDSC05073.jpg
DSC05074.jpgDSC05088.jpg
DSC05075.jpgDSC05086.jpgDSC05087.jpg
DSC05096.jpgDSC05098.jpgDSC05106.jpg



DSC_0746.jpg
IMG_20170812_182814.jpg




■ 郡上八幡


DSC05110.jpgDSC05111.jpgDSC05114.jpg
DSC05112.jpgDSC05113.jpgIMG_20170812_182335.jpg
DSC05116.jpgDSC05117.jpgDSC05118.jpg



ホテル近くで夕食。

DSC05119.jpg

DSC05125.jpgDSC05121.jpg
DSC05122.jpgDSC05123.jpgDSC05124.jpg






 2017年8月13日(日)



コキアパーク


DSC05126.jpgDSC05132.jpgDSC05130.jpg




■ 白川郷

DSC05134.jpgDSC05135.jpgDSC05136.jpg
DSC05138.jpgDSC05141.jpgDSC05144.jpg
DSC05145.jpgDSC05147.jpgDSC05151.jpg




■ 高山昭和館

昭和30年代の品々が展示されていました。
ただし写真に写っている国語の教科書「サイタ サイタ サクラ ガ サイタ」は
1933年から1940年までに尋常小学校に入学した世代が使用したそうです。
私の母の世代です。


DSC_0762.jpgDSC_0761.jpg

昭和館.gif
DSC05166.jpgDSC05168.jpgDSC05169.jpg




■ 山下 清原画展

原画は撮影禁止なので、代わりに私と鉄人28号(笑)
高山昭和館とオーナーが同じ方なのでしょうか。
同じコンセプトのものが展示されていました。



DSC05173.jpgDSC05171.jpgDSC05170.jpg



猿ぼぼとツーショット。


DSC05174.jpgDSC05175.jpg




■ 名もなき池 「通称 モネの池」

水の透明度がすごいと聞いていたけれど、想像してたよりは・・・。
一番水が澄んでると思われる場所を選んで撮影して、こんな感じでした。
ちなみに鯉は近所の方が池に放した鯉だそうです。



DSC05184.jpgDSC05178.jpg
DSC05180.jpgDSC05181.jpgDSC05182.jpg




■ 帰路

お気づきでしょうか。
この2日間の旅を振り返ってみれば、はからずも口にしたのは麺類とかき氷だけ。
最後の夕食だけは、SAで味噌カツ丼でした。



DSC05185.jpg岐阜旅行.jpg





nice!(33)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -